コラム

  1. カレンダーこぼれ話 vol.5「藤田嗣治‐ 美しい画風の秘密」

    こんにちは。今回は、フィルムに印刷することで、より美しく精密な絵画を楽しむことができる「フィルムカレンダー」シリーズ。その中でも新商品の「藤田嗣治 作品集」についての“こぼれ話”をご紹介します。

    続きを読む
  2. マティス

    カレンダーこぼれ話 vol.4「アンリ・マティス‐ 色彩の魔術師の秘密 後編」

    さて、後編では前編に引き続き、勤勉な画家マティスのつくりだす美しい世界とそのモチーフ、己を追求し続けた人生に迫っていきたいと思います。色の魔術師の秘密「黒」マティスの鮮やかな色使いのアクセントとして使われている黒色。

    続きを読む
  3. マティス

    カレンダーこぼれ話 vol.3「アンリ・マティス‐ 色彩の魔術師の秘密 前編」

    こんにちは。前回に引き続き、新商品の住空間に馴染むコンパクトなアートカレンダー『スマートアートシリーズ』についての“こぼれ話”をご紹介します。この絵を見るポイントって何なのかな? そもそもこの画家のことを知らない……どんな人?そんな方はぜひこちらの記事を参考になさってみてください。

    続きを読む
  4. クリムト

    カレンダーこぼれ話 vol.2「グスタフ・クリムト‐ 己を貫いた絵の魅力 後編」

    さて、前編では、従来の伝統的描法ではなく、写実的に裸婦を描いたためにとんでもなく嫌われて糾弾されてしまったクリムト。彼はその後どうなったのでしょうか?自分の芸術は自分のものクリムトは世間の声に叩かれながらもお構いなしに、不屈の精神力で作品を生み出し続けます。

    続きを読む
  5. クリムト

    カレンダーこぼれ話 vol.1「グスタフ・クリムト‐ 己を貫いた絵の魅力 前編」

    こんにちは。こちらのブログでは、今注目!のカレンダーについての“こぼれ話”をご紹介していきたいと思います。今回スポットを当てたのは、新商品であり、これまでになかったコンパクトなアートカレンダー『スマートアートシリーズ』。

    続きを読む
  6. 【令和(れいわ)】新元号がついに発表されました!

    本日11時半過ぎに新元号「令和(れいわ)」が発表されました!*新元号「令和(れいわ)」の由来*『万葉集』の梅花の歌、三十二首の序文「初春の令月にして、気淑く風和らぎ、梅は鏡前の粉を披き蘭は珮後の香を薫らす」からなるそうです。美しい名称ですね。

    続きを読む
ページ上部へ戻る